鍵

鍵トラブル対策法|開錠のプロなら早急に対応できる

万全な対策となる

鍵束

防犯のために利用する

建築年数が建ってくると、建物は劣化してきてしまいます。例えば、戸などの立て付けが悪くなってしまうこともあります。ドアがきちんと閉まらなくなってしまった場合、多くの人は面倒くさくて放置してしまうものです。しかし、これが玄関ドアともなると、そうはいきません。きちんとしまらないと、鍵もかからなくなってしまいます。防犯対策のためにも、早急に修理をしましょう。修理業者に連絡をします。ドアの修理はいろいろなところで行っています。この場合、ドアの鍵も見てもらった方がいいので、ドアと鍵の修理をしてくれる業者を見つけると一石二鳥です。古いものなら部品ももう製造していないことがあります。業者と相談をしてドアごと新しく交換した方がいいこともあります。

鍵も交換しよう

ドアの修理をするついでに、鍵も交換してしまいましょう。昔ながらの鍵はとても古く、簡単に開けられてしまう造りになっています。一方、最新型の鍵はもっと頑丈で、そう簡単には開けられません。それでも不安なら、二重鍵にしてしまうなど、工夫をしてみましょう。鍵の種類に合わせてドアも選べるようになっています。これまでは昔ながらの引き戸タイプの玄関だった家でも、片開きタイプの洋風なドアにすることができます。引き戸とドアとでは、当然、鍵のタイプも違ってくるため、交換が必要です。また、ものによっては、修理よりも交換してしまった方が安くなることがあります。費用面も考慮しつつ、防犯対策にもなるようなものにしましょう。